中性脂肪が高いと言われた、どうしたら中性脂肪は下がるのだろう?そんなあなたに!中性脂肪の基礎知識から減らす方法までご紹介します。

「人間ドックで、中性脂肪値が高いと言われた…」
「最近、お腹が出始めた…」 

このサイトを訪れたということは、そんなお悩みを抱えている人が多いことだと思います。

私たち “ 中性脂肪を下げる方法 ” は、そうした人のために、中性脂肪が上昇することによるリスクをまとめ、その上で、中性脂肪を下げる方法を詳しくご紹介しています。

中性脂肪撃退に効果的な食事や運動法はもちろん、「えっ? こんなモノも中性脂肪に効くの?」といったものまでまとめていますので、中性脂肪値が高くて悩んでいる方には、一読の価値アリです。サプリメントはもちろん、黒烏龍茶が中性脂肪値を劇的に下げてくれるらしい……、などなど、ココだけの耳寄り情報も盛りだくさんです。

どうしても下げたい、と悩んでいるみなさん、まずは中性脂肪について正しく理解しましょう。そうした上で初めて、今の値を下げることができるのですから。

中性脂肪とはなんでしょう?

中性脂肪ってよく耳にするけれど、実際なになに? と思う方は、まず最初から学んでいきましょう。

中性脂肪のホント

中性脂肪に対する注目が、年々高まっています。それというのも……、中性脂肪の過剰蓄積が肥満を招き、さらにそれが原因で様々な症状を引き起こすことがわかってきたからです。

では、中性脂肪は必ずしもカラダにとって害なのでしょうか? 実は本来、私たちの日々の活動を支えている大事なエネルギー源なのです。ほら、これだけでちょっとビックリじゃありませんか?

もちろん、いくらエネルギー源だと言っても、過剰に蓄積されれば肥満になってしまいます。つまり、「カラダには不可欠だけれど、蓄えすぎてもいけない……」という、ややこしい存在(笑)、それが中性脂肪なのです。

良い面と悪い面を持ち合わせているからこそ、中性脂肪とは上手に付き合っていく必要があります。そのためにも、正しい知識……、そう、「中性脂肪のホント」を理解する必要があるのですね。

以下のリンクでは、そんな、誰にも当てはまる中性脂肪を招く原因もご紹介しています。一度、自分の普段の生活と照らし合わせてみてください。
中性脂肪が実際に高い方も、予備軍の方も、改めてアッと驚く、自分の中性脂肪キケン度に気づくことができると思いますよ!!

中性脂肪を下げるためのいろいろな方法

中性脂肪を下げる…、そのためには何をすればよいのか?答えは単純で、摂取するカロリーがオーバーした分が中性脂肪に変化していくので、すなわちカロリーを摂らなければ必然的に脂肪も少なくなりますよね。

ただ、どうしてもカロリーは生きていく上で必要なものですし、最初にも書いたとおり上手に付き合うことが大切であり、そのために実践すべき様々な方法があります。食生活の改善・運動法・サプリメントはもちろん、最近では、お茶(烏龍茶)に中性脂肪値を下げる効果があることが判明し、話題を集めています。その内容について代表的なものからご紹介します。

毎日の生活の中で続けたい方法

空き時間を見つけてコツコツ運動

まず、カロリーを消費することができる運動が不足しないようにすることです。 どうしても年齢を重ねていくにつれて、気力も年々なくなってくるため、運動するのが面倒になります。

ですので、中性脂肪を下げる為には、少しのことでもとにかく外に出る、外に出る時は歩くということを心がけるようにしましょう。 中性脂肪を下げるためには無酸素運動ではなく、有酸素運動をすることで効果的に中性脂肪を下げる事ができます。有酸素運動は運動開始直後20分経過しないとカロリーが消費されないので、毎日の出勤時などは一駅手前で降りて歩くという習慣をつけるのもいいかもしれませんね。

週に2日休肝日をつくってアルコール対策

お酒が好きな人にとってはアルコールを摂取してしまいがちです。 お酒は飲料の中でも水やお茶と比べて摂取カロリーが高いので、中性脂肪が上がってしまいます。

また、お酒を飲むという事は必然的に“酒のあて”も一緒に食べてしまいますよね。酒のあてはお酒にあうように、塩分が高く味も濃く、カロリーが高いものが多いので、これまた中性脂肪が上がりやすくなります。

さらに、体内ではアルコールの分解作業のために体の臓器や栄養素が集中してしまい、カロリーを十分燃焼させることができず、中性脂肪がに余計付きやすくなるんですね。

ですので、「休肝日」を最低でも週に2日程度つくり、接種カロリーと体を適度に休めることが必要です。すると、「先週は休肝日を設けたけど、今週はできなかった」というのはNGです。 継続して実施することで体質改善につながるので、1ヶ月、半年、1年と短期的な目標と長期的な目標を持って、対策し続けるようにしましょう。

規則正しい食事が中性脂肪対策に!

カロリーを摂らなければ中性脂肪が下がると間違った解釈をしている人もいますが、一時的に下がるものの、長期的な中性脂肪を下げるための対策とは言えず、いずれ体を壊してしまうでしょう。 正しく中性脂肪を下げるためには、摂らないのではなく、適切な栄養素のバランスこそが大事です。

重要なのは炭水化物・たんぱく質・脂質。これらは「3:1:1」のバランスで摂取する様に心がけましょう。 当たり前の話ですが、どの成分も食べすぎると余剰分が中性脂肪になってします。

しかし、食べないとどこかで歪みが生まれ、炭水化物の代わりに高カロリーなおかずをたべてしまったり、必須アミノ酸を摂取できずに脂肪の燃焼促進をする成分が体内に足りなくなったりしてしまいます。 また、就寝2時間前には食べ終わるようにして寝る前には消化活動を終わらせておく、口に含んだら一度箸を置いてよく噛むことで消化しやすくする食べ方など、食べる習慣を変えることでも中性脂肪を下げる事ができます。

あの烏龍茶で中性脂肪値を下げる?!

食事・運動といった基本はもちろん、ここでは、話題のサプリや、実はあまり知られていない、お茶(烏龍茶)を使った中性脂肪撃退方法もご紹介しています!!
例えば青魚に含まれるDHA・EPAパワーを使ったサプリは、中性脂肪値に悩む方のなかでは有名でしょう。小さい頃、祖母に、サカナを食べろ!! とよく言われていたのをつい思い出してしまいます(先人の知識は凄い!!)。

そして、それに加えて、お茶(烏龍茶)が近年、中性脂肪を下げるとして注目を集めているのはご存じでしょうか? 中華料理など、脂っこいものを食べたあとに烏龍茶を飲むと、口のなかがスッキリした気分になった経験があると思います。簡単に言えば、それと同じ効果が、カラダのなかでも実際に起こるのです。これは、烏龍茶に含まれる、ウーロン茶重合ポリフェノールという成分がキモになっていると指摘されています。

サントリーの黒烏龍茶サイトにも記載がありますが、食事といっしょにウーロン茶重合ポリフェノールがふんだんに配合された黒烏龍茶を飲むと、飲まなかった時に比べて食後の血中中性脂肪の上昇が約20%抑制されるということです。

さらに、食事といっしょに黒烏龍茶を飲むと、飲まなかった時に比べて、脂肪の排出量が約2倍に増えるという結果がでたとも記述があります。 黒烏龍茶は普通の烏龍茶と比較しても、ウーロン茶重合ポリフェノールの量が多いので、お茶で中性脂肪対策をしようと考える場合は、少し値は張りますが、黒烏龍茶を飲む方がより効果的に中性脂肪を下げることができるといえるでしょう。

ただ、水分補給のタイミングで毎回黒烏龍茶を飲むと考えると、重たい黒烏龍茶を常に持ち歩かないといけないですし、毎日それを続けるとなると費用もかなりのものになります。1Lの黒烏龍茶の定価は429円ですから、1日1本で、月30本飲むと考えると月間で12,870円と結構な出費ですよね。

重たいのも嫌!価格が高いのも嫌!そんなに水分を取らないといけないのも嫌!という方には、黒烏龍茶カプセルがオススメです。 黒烏龍茶の茶葉を粉末にしてカプセルに入れているこのサプリは、小指の爪ほどのカプセル2粒飲むだけで350mlの黒烏龍茶1.2本分と同じ量のウーロン茶重合ポリフェノールを摂取することがでます。

価格はスタートパックなら最初の1ヶ月は980円で購入することができ、2ヶ月目以降も2975円で購入することができます。黒烏龍茶を毎日飲むよりも1万円近く安く続けられるんですね! サプリなのでもちろん持ち運びに苦戦することはないですし、中性脂肪は下げたいけど様々な理由で黒烏龍茶を続けて飲むことができないという人には、黒烏龍茶カプセルがオススメです。

他のサイトの情報になりますが、この方法で実際に中性脂肪を下げることに成功された方もいらっしゃいます。例えばこのサラリーマンの方はその体験から下げるためのいろいろな方法を解説されていらっしゃっていて、その中でも烏龍茶の有効性にかなりおすすめされています。こういう実践された方の意見が増えてくると本当にうれしいですね!みなさんもぜひお試しなさってください。



あなたの中性脂肪度をチェック!

まずはみなさんの日常生活から中性脂肪危険度を調べてみましょう。

食事で中性脂肪を下げる!

中性脂肪値を下げるためには具体的になにを食べれば良いのかご紹介。

お茶で中性脂肪を下げる

お茶に中性脂肪値を下げる効果があること知っていましたか?

サプリで中性脂肪を減らす

中性脂肪撃退のために様々なサプリメントが販売されています。

このページのトップへ